オプション機能

BlueCrest のインサーターシステムを追加機能で拡張

お客様に投資を最大限生かしていただき、お持ちのインサーターの機能性と生産性を継続して高めていただくことは当社にとっても重要です。当社製品は貴社のビジネスに合わせて成長するように設計されています。当社のオプションをご利用いただければ、どのようなジョブにもしっかり対応できます。次世代型のフォルダーやフィーダーから、スピードアップ、スキャン能力向上まで、様々な場面に対応します。

詳しい情報を請求
Bluecrest
24,000 までスピードを上げ生産性を高めます。

Plus Speed

24,000 までスピードを上げ生産性を高めます。

スピードを取るか正確性を取るかのジレンマから解き放たれ、1時間あたり 24,000 サイクルまでスピードを上げることができます。1時間当たりの出来高を犠牲にすることなく、より速く SLA の要求を満たすことができます。「Plus Speed」は設置済みのシステムにも導入することができ、最高 14 % 速い処理を可能にし、ページ数の少ないジョブで処理量を上げることができます。

ページ数の多い作業を分ける必要がなくなります。

自動ギャップ調整フォルダー

ページ数の多い作業を分ける必要がなくなります。

自動ギャップ調整フォルダーはページ数のばらつきに対してフォルダーローラーの間隔をリアルタイムで自動調整することができるため、ページ数の少ない作業と多い作業とを別々にする必要がなくなり、稼働可能時間アップに繋がります。また、自動ギャップ調整フォルダーは各ページ数に最適なローラー間隔が設定されるため、封入物の折り品質が良くなります。ギャップ調整フォルダーは新しいシステムに組み込むことも、あるいは既設システムにその場で後付けすることも可能です。

1つのフィーダーで最も多様な封入物に対応

冊子フィーダー

1つのフィーダーで最も多様な封入物に対応

1枚のパネルから10センチ弱の厚みがある冊子まで多様な封入物を、当社のユニバーサル・フリクションフィーダーで処理します。これは一般的なフィーダーの5倍の容量を持ち、作業現場の効率向上に貢献します。独自のデュアル・スキャン機能で紙面の表裏どちらにあるバーコードでも読み取ることができます。*冊子フィーダーはほとんどの Epic 封入封かんシステムに後付けできます。

厚みのある郵便物の封緘と封筒品質を向上させます。

重量物振り分けトレイ

厚みのある郵便物の封緘と封筒品質を向上させます。

大判で厚みのある封筒の選別排出を最適化するために設計された「重量物振り分けトレイ」は搬送デッキを持ち上げて郵便物を直接トレイに排出することで紙詰まりを防ぎます。システム停止が減るため生産時間が増加します。

ハードウェアの調整なしでコード読み取り能力を高めます。

インプット・ラインスキャン

ハードウェアの調整なしでコード読み取り能力を高めます。

ジョブ毎にカメラの再設定や調整をしなくても、同一フォーム上の複数のバーコードを読み取れる当社最新のインプット・ラインスキャンを使用すると設定時間を節約することができ、各ジョブ間の段取り替え時間が短縮されます。

事前の縦折作業が必要な封入アプリケーションに対応

Cross Folder(縦折機)

事前の縦折作業が必要な封入アプリケーションに対応

パスポート申請書やアンケート用紙、医療診断書などに適したCross Folder(縦折機)はいずれの連続帳票インサーターにも追加できます。インサーター内で通常の紙折り、カットが行われる前に、あらかじめロール紙を縦折りしておくことができます。この比類ないデザインはインサーターに簡単に組み込むことができ、この機能が求められる作業にも柔軟に対応できるようになります。事前の縦折りが必要ないジョブを処理する場合は Cross Folder(縦折機)をパススルーモードで使用することで、機器を移動せずに処理することができます。左右どちらにも対応するデザインで、インサーターのインプットへの組み込みが簡単です。


※ 動画に日本語字幕を表示させることができます。(動画閲覧画面右下の”設定”の中で”字幕”を”日本語”に設定すると日本語字幕が表示されます。)

Print+ Messenger カラーインクジェットシステム

高効率。低コスト。

Print+ Messenger カラーインクジェットシステム

高品質かつ可変のフルカラーテキスト及び画像を、返信用封筒や完成封筒にインサーター内でリアルタイムに印刷することで郵便物の効果を高めます。あらかじめ封筒に印刷する必要がなくなるため、封筒在庫を低減することができます。アプリケーションの段取り換えが合理化され、複数のジョブを一つのジョブに統合させることができるため、運用効率が改善されます。